Don't hesitate to hesitate.

ただの記録

記録1 三十三間堂(蓮華王院本堂)

三十三間堂の近くに住んでいる。住所・行き先を述べる際にこの寺の名前が入って来てしまうのだが、インターネットか何かの契約時に、相手方がこの漢字を読めなかったということがあった。意外だった。三十三間堂って読めないものか。確かに知らなければ読めないかもしれない。京都の住んでいる人や京都に修学旅行に来たことがある人ばかりではないのだ。なんでもかんでも漢字が読めない人を馬鹿扱いする人間がたまにいるが、非常によくないと思う。ある漢字が読めるかどうかなんてどういう育ちをしてきたかで決まってくるし、一度知ってしまえば当然のごとく読める自分をアピールできてしまう。そしてもちろん三十三間堂が読めないやつは馬鹿なのだろう。

 

 

寺の歴史を述べるは難しい。たいてい誰かが作って、どっかで焼失して、別の時代に再建されて、どうのこうのだ。いまいち何を褒め称えればいいのか、何がポイントなのかがわからない。まあしかしよい。

 

すこしやっかいなのだが、この堂が建てられた場所はもともと別の寺院の敷地内であった。その名は法住寺(ほうじゅうじ)。

 

平安時代中期に藤原為光(ためみつ)が作った寺で、サザエさん長谷川町子菩提寺である(遺骨があるらしいっす。これうっとしい情報やな)。為光は娘と奥さんを無くしたことをきっかけにこの寺を建立し、念仏三昧の生活を送った。死後子孫が継いだが、例によって焼失、120年ほど再建されることもなかったようだ。

 

さて、時は平安末期、登場人物は白河天皇後白河天皇 - Wikipedia)である。保元の乱後白河天皇vs 崇徳天皇 勝った その後二条天皇に譲位する。)・平治の乱を経た、平安から鎌倉の激動を生きた人である。彼は院政を停止させられた悲しみから、法住寺の跡に法住寺殿を造営。当時は南殿、西殿、北殿の三御所があった。仏教に深くのめりこむ。「・・・万の仏の願よりも千手の誓いぞ頼もしき、枯れたる草木もたちまちに花咲き実なると説ひたまふ」そして千体の観音堂・蓮華王院を造営する(平清盛が寄進)。その後また院政復帰して、栄華を誇るのだが、源義仲の軍勢によって火にかけられ(法住寺合戦。義仲のクーデター)、殿は焼失、新たに法華堂が建てられ、これは長く存続した。といっても鎌倉時代に焼失し、現在のものは同時代に再建されたものである。

 

f:id:the_apparition:20170128021531j:plain

死について

長い間僕は死を望んでいた。それはあまりに自明なことだったため、言葉にすることを忘れてしまっていた。昨日は酒を飲みすぎ、自己嫌悪と二日酔いに悩まされながら朝を迎えた。なぜかまた梅田に行き、女の子をゲットすべくパーティーにもぐりこんだ。でも女に話しかける気力が無かった。無気力なまま、手持ち無沙汰で座り込んだ。退屈だった。そしてその退屈さは、いかなるものによっても解消できないような類のものだった。そして僕は、はるか昔から一貫して抱いている願望、死について考えることになった。

 

先日女とデートした。再来週も映画を見に行く約束をした。誓ってもいいが、相手は僕に好感を抱いている。モノにしようと思えば絶対モノにできる。驕りなんかじゃない。もし一緒になったら楽しいかもしれない。なによりセックスができる。若い女ふたりとベッドにもぐりこむのはすばらしいことだ。

 

だがしかし、そのような可能性を持ちつつも、僕はなによりも死を望んでいる。永遠に朝を迎える必要がないことの気楽さに憧れている。何も憂うことはない。人間はくだらない。個人も集合もクソだ。なによりそのクソに悩まされるのが僕なのだ。情けない。本当に。

 

 

きっと僕は夢を見るだろう。

口内炎

頚部に違和感がある。痛い。血管に何かつまってるかもしれない。でネットで調べたところ、頚部リンパ腺が腫れていることに気づいた。ではなぜ。風邪はひいてない。さらに調べると、口内炎等で黴菌が傷口から入り込むことがあるそうな。現在私の左下唇に変な虫が愛の巣を作ったんじゃねーかというぐらい不気味に白い出来物があり、つまりはそういうことである。2日から出勤してる私は今日は思う存分遊ぶつもりであったが、薬局に行き口内炎パッチを買い、家でおとなしくしている。

 

口内炎ができる原因は偏食とストレスだ。ストレスが偏食を生みそれが炎症をもたらす。あるいは逆方向の矢印もあるだろう。そんなにストレスがたまっているつもりはないのだが、12月に転職をし、新しい職場で孤立奮闘しているという状況は、客観的に見たらストレスが溜まりやすいということなのかもしれない。あと野菜最近食ってない。マッチョ目指してますから。

我々は知性を高め・・・

某社会奉仕団体はクソだ。それだけはわかった。

 

日が変わり、年も変わり、ああ眠い

検索語句

インターネットが開通されれば、すこし調べものをしたり、外国語を勉強したりでき、よりスマートな生活を営むことができる。忘年会を終えて明日の出社時刻まで7時間を迎えた今、少ない時間であってもと思い、パソコンの電源をいれる。検索語句は「素人 エッチ」「JK 本番」等であり、深い瞑想にひたりながら動画を見るのだった。知性であり心の安らぎである。

我女を欲するがゆえにゲスなり

やりたい。年がら年中そう考えている。正直にそう思う。以上。

3連休は上記の私の願望を達成するために、前日からリングにあがった。仕事終わってからの、繁華街で「相席屋」→「クラブ」の流れだ。ポリコレ的にはナンパが正しいのだろうが、僕にその勇気は無い。どうせ出会い、男女マッチング、結婚、結婚生活、子育て、これらすべては国家システムや大企業が用意したものであり、どうあがいても手のひらの上で踊らされているにすぎない。相席屋も以前参加した街コンも、手のひらの上感が半端なかったが、そんなことにいちいち違和感を感じていては生きていけない。違和感発生の前提そのものが間違っているのだ。

前置きが長くなった。ともかく私はまず相席屋にいったのだ。At first・・・!2人組の女性。なんとこの相席屋は女性の隣に座れるシステムなのだ!多少ふけているがそんなことはおかまいない。私は女性の隣で脚を組みジントニックを頼む。そして相手の顔をみつめ、「どこからきたの?」「今日はなにしてたの?」あまりにユニークで非常識な質問を浴びせまくった。この場合「つっけんどん」「よおしゃべる」のどちらかに大別されるのだが、幸いなるかな、今回は後者であり、どこで出身で、お兄さん関西弁素敵ですみたいな感じでのってくれた。これは・・・いける!と思いきや、次に出てきた発言は「実は・・・シンママなんです」。なんと!一瞬僕は躊躇する。しかし相手に悟られる前に、「それは大変だね。今日みたいな息抜きって絶対必要だよ」的なことをまくしたてる。「ほんとー、うれしいー、おにいさん言ってることが達観してるねぇ」的なことも言われ、調子にのった。子供が中学生という話も聞き、いったいこいついくつやねん俺もつい最近まで中学生やったで的なことを思ったりもしたが(まあ27やけど)、ラインを交換し、さあ帰るかとなり、男どもが金を払っている隙に、女ふたりはどっかいったのだった。なんでやねん。

 

ちなみにもう1カップル相手にしたのだが、つっけんどんだったので省略。続いて・・・クラブ!

 

が、今回はいまいちだった。梅田よりノリが悪かったように思う。クラブでは酔っ払って肩に腕をまわして嫌な顔されるのが面白いのだけど、十分に酔えなかったのもあり、積極的に補導寸前行為に及ぶことができなかった。だいぶ声をかけたし、ようわからん外国のねーちゃんと間接キッスをしたりもしたけど、そんなことで興奮はしない。股ぐらに手をいれるとか、ぼくがほんとうにしたいとかんがえていることはできず、不発で終わった感が否めない。そして坊主で終わったときほど、体力を消耗することはないのだ。

小田和正に対する複雑な感情より

京都に引越してきてもうすぐ1ヶ月が経とうとしている。また、その前いたところも結局ネットをつなげることなく、シェアハウス以来だから、約4ヶ月弱ぶりに自宅でネット環境が整った。

 

その間に転職が決まり、精神的な落ち着きも取り戻し、そして転職し、けしていいとはいえないかもしれないがまあまあなところでまあまあな感じで仕事をすることになった。決して給料は高くないけど、シェアハウス時のように不安定ではなく、今となってはもう忘却しそうではあるけれど、経済的保障がいかに大事であるかについて身をもって学ぶこととなった。

 

ほしいものはある。このパソコン画面は揺れ、キーボードも反応しないものが多い(現在外部取り付けを使っている)。靴がほしいし、テレビ台や、地面に置いている炊飯器もなんとかしたい。ピアノがほしいし、料理を勉強したい。欲望が途切れることはないけれど、欲望をもっていること自体が救いであり、それは今のまま順調にお金をためていけば可能であるということが、僕に心の安寧をもたらす。

 

 

苦労とは・・・苦労とは?苦労とは精神状態だ。同じ経験をしても、もたらされる精神状態は人によって違う。だから人に接するときはそのことを最大限に配慮しなければいけないし、自分自身の苦労についても、自分が違う存在であったとしたら感じないものだったかもしれないことを想像しなければいけない。

 

小田和正は、「それはずっと 出会った日から 君を愛してる ということ」一人の女をずっと愛している、ということを歌い続ける。なぜ同じことをテーマにそれだけ歌詞が書けるのか、僕には謎だ。しかもええおっさんや。しかしなぜ今日は聞いてしまうのだ!