読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't hesitate to hesitate.

ただの記録

水曜日の晩に発熱。39℃ちょい越え。翌朝半休をとって町医者にいき、インフルエンザじゃないことを証明、薬を貰う。午後出社。その晩は40℃まで上昇し、朦朧としながら夢と現実をいききしていた。翌日38℃をきったんので出社したが、その晩また39℃までぶりかえす。つまり・・・なかなか下がってくれないのだ。

 

会社にいて電話の音をきくと、なんだか別世界に案内されたような気分になる。別世界旅行にはエネルギーが必要で、そのたびごとにしんどさを感じながら、新人なので電話には全部出た。まあ前の職場で39℃ありながら授業やってたときにくらべれば、マシかもしれない。

 

今回の懸念は長引いていること。もうすぐまるまる3日になるが、38度をなかなか下回らない(現在38℃)。夜になると39℃まであがる。しんどいっす、あはは。

 

こまめに水分をとってる。もうすぐポカリは2リットル飲みきる。口内炎ができてるような気もするが良質な水分補給が優先される。「脳炎」「肺炎」「インフルエンザ」といった単語群をネットで調べ、その概要を理解する。まあそんなことできてる時点でたいしたことないのかもしれないが。

 

 

土曜日はデートの予定だったが、断るつもりだ。好きなわけじゃないから問題があるわけじゃない。申し訳ないという気持ちはある。しかし僕はしんどいのだ。会社にはいっていますが。

あるいは余計な女の子には手を出さず、がんばって本命を探せという教示なのかもしれない。それならばよくわかる話だ。出会い系サイトをやって婚活パーティに出ればよい。論理的帰結!

 

 

すべてはくだらないと思う。なにかにこだわってる人間が全部クソに見える。現在職場はあまりに意味の無い会話が飛び交っていて、ややしんどいきらいはある。っと、これ以上は書くまい。人間は花の美しさ以外について語るべきではないのだ(そういう職場があれば本当に先鋭的で最高だと思う)。

 

それにしてももち5個食ったのはさすがにまずかっただろうか。僕はもう炭水化物の王子だ。緑黄色野菜食べたいっす。ルルでも飲もう。

 

長い間私は詩を書いていた。そのために頭が狂ったぐらいだ。けれどももっと頭のおかしなひとはある。ちょっぴりおとなしい工学博士だ。芸術工学だ。そのものが音の無い水車を眺めているとき、私はすでに甘美な蒙昧の中にある。月よりも明るいいらだちが辺りを覆うその時、私たちは口づけを交わすのだろう。